ThinkPad Carbon で仮想化を有効にできない

ThinkPad X1 Carbon 6th Gen (2018モデル) の Windows10 Pro。Dockerを入れようとしたところ、仮想化が無効になっているためインストールに失敗してしまった。

Windows10のヘルプの通りに「PowerShell を使用して Hyper-V を有効にする」を実行したところ、「Windowsの機能」のHyper-Vにチェックは入っているが、タスクマネージャーのパフォーマンスでは仮想化は「無効」のまま、という状況になってしまった。Dockerはインストールできないまま。

「Windowsの機能」で一度Hyper-Vのチェックを外してみると、Hyper-Vにチェックが入れられない状態になった。

原因はBIOSの設定で仮想化機能が無効化されていることのようだった。
BIOSのVirtualization設定でCPU Virtualization Technologyを有効化すると、「Windowsの機能」でHyper-Vにチェックを入れることができるようになり、タスクマネージャーで仮想化が「有効」になったのが確認できた。Dockerも無事インストールができた。

「Windowsの機能」のGUIでHyper-Vにチェックが入れられない状態でもPowerShellを使うと有効化できないにも関わらずチェックが入ってしまうようだった 😇