地球幼年期の終わり

2001年宇宙の旅で有名な、アーサー・C・クラークのSF小説。アーサー・C・クラークが2001年宇宙の旅の脚本を書いてた人だと解説を読んで気づいたのだけど。

ガンダムのニュータイプくらいの感じかと思って読んでたら人類補完計画だった。エヴァンゲリオンと2001年宇宙の旅はもう一度観よう。

三体でも似たような話があったのだけど、人類の目の前に本当に神が降臨してしまったら宗教はどのように変わるんだろう、という興味がある。